Horizons / Anubis Gate

22741-1

Release : 2014/4/15

Genre : Progressive Metal

Samples : Destined to Remember

Tracklist :

1. Destined To Remember

2. Never Like This (A Dream)

3. Hear My Call

4. Airways

5. Revolution Come Undone

6. Breach Of Faith

7. Mindlessness

8. Horizons  ★オススメ

9. A Dream Within A Dream

10. Erasure

ダークかつ透明感のあるサウンドスケープを持ち味とした、デンマークのプログレッシブ・メタルバンド、Anubis Gateの6thアルバム。

1stアルバム『Purification』の発表から10年という節目を迎え発表した今作は、バンドとしてのキャリアを代表する可能性を秘めた会心作となりました。

Dream Theaterがプログレッシブメタルというジャンルを確固たるものとして確立してから20年ほどの間に、同ジャンルで力のあるバンドがいくつも登場してきました。今回紹介するAnubis Gateも、そんなバンドの一つ。

私は4th『The Detached』で初めて彼らの作品に触れたのですが・・・失礼ながら、当時は「クオリティーは高いがイマイチ印象に残らないバンド」という風に感じておりました。『The Detached』を聴いた当時、リフやメロディーにどこか既視感を感じたからではないかと思います。私にとっては、当時の彼らは所謂「Dream Theaterのいちフォロワー」としか思えなかったのでしょう。しかし2011年、彼らは5th『Anubis Gate』をもって、それまでの私のイメージを見事に払拭してくれました。メロディーにAnubis Gateの「オリジナリティー」が付加され、ただのDream Theaterフォロワーからの脱却を感じさせてくれたのでした。

そして2014年、上述しましたが1st Albumの発表から10年という節目を迎え、バンドも並々ならぬ思いで製作に臨んだのでしょう。メンバー交代もありましたが、バンドとして更にレベルアップしキャリアをジャンプアップさせていこうという、覚悟と野心を感じさせる傑作を生み出しました。持ち味であるメロディーのキャッチーさや透明感はもはや唯一無二のレベルにまで向上し、また前作でやや物足りなかった『躍動感』が新たに付加され、曲ごとに緩急を付けアルバム全体を一気に聴かせることに成功しています。

オススメはタイトル曲♯8 Horizons。ヴォーカルHenrikの力強い歌唱に思わず感情を揺さぶられる、熱い、メタル的カッコよさに溢れる名曲です。聴く人の好みによっては今年を代表するメタル・アンセムになるでしょう。

本作をもって、彼らはメタルバンドとして新たなステージにステップアップしたのではないでしょうか。今年発表の作品群では、A.C.Tらの新作に並ぶ傑作です。