Everything You Knew Before You Knew Everything / Static in Verona

a2413673826_10

Release : 2014/3/25

Genre : Indie Pop / Alternative rock

Samples : bandcamp

Tracklist :

1. [prologue]

2. Bitter Branches

3. Rosemary (Bury Me)

4. White Knuckles

5. Roman Candle

6. Black Windows

7. Friendly Fires

8. [song for k]

9. Something … Anything

10. Blindfold  ★オススメ

11. Look Like Gold

12. Trembling Timbre

13. Loud Night/Quiet Morning

14. False Dawn

15. [epilogue]

16. Friendly Fires (Remix)

アメリカ、シカゴのマルチミュージシャンRob Merzこと、Static in Veronaの2ndアルバム。

前作から5年振り、そして製作に3年以上の年月を費やして発表された本作は、シューゲイザーやポストロック、エクスペリメンタル・ミュージックの影響を強く感じさせるロック色の強いインディーポップであり、18年以上にわたり様々なバンドを渡り歩き、多彩な音楽性を吸収してきたという経験が反映されています。

ザラつきのあるギター・サウンドと、レイヤーがかった甘いヴォーカルワークが印象的なアトモスフェリックな音楽性ですが、その姿は紛れもなくポップスであり、ポップスの枠内に様々な要素を(絶妙に)融合させているに過ぎません。しかしそのメロディーセンスと構築力たるや、本当にたった一人でここまで作り込むことが出来るのかと疑わしいくらいにハイレベル。本作からはRobの長き経験と類まれな才能のなせる”技”をたっぷりと感じることが出来ます。

♯7、♯10のようなキャッチーなポップソングだけでなく、♯9、♯13のように影のあるオルタナティブな楽曲もしっかりと作りこんであり、アルバム通して一辺倒でないところが好印象です。特に後者の曲群は個人的によく聴いているBlackfieldなんかを連想します。

その中でも特にお気に入りなのは♯10. Blindfold。甘酸っぱく多幸感に溢れメロディーが、心の疲れとか悩みとか、ネガティブなエネルギーを吹き飛ばしてくれます。

アメリカからの超ハイレベルなポップス職人の登場に興奮を抑えきれません。これからも良質な音楽を貪欲に取り込みながら、進化したポップスを送り届け続けてくれることを期待しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*