Relations in the Unseen / The Intersphere

61UHSXJe0iL

Release : 2014/3/7

Genre : Alternative Rock

Samples : Out Of Phase

Tracklist :

1. Relations In The Unseen  ★オススメ

2. Thanks For Nothing

3. The Ones We Never Knew

4. Out Of Phase

5. Panic Waves

6. Joker

7. Tonight

8. Origin: Unknown

9. Walk On Broken Glass

10. The Ghost Of A Chance

11. … Like It Is

12. Golden Mean

ドイツ産オルタナティブ・ロックバンド、The Intersphereの最新作。

2006年に結成され、その年に1st Album「S.O.B.P.」をセルフリリースで発表、2010年に2nd「Interspheres >< Atmospheres」を発表しバンドは本格的にキャリアをスタートさせます。2012年にはLong Branch Recordsから3rd「Hold On, Liberty!」を発表し、今年2014年、最新作となる4th Album「Relations in the Unseen」が満を持して発売となりました。

私の唯一所持する作品でもある前作「Hold On, Liberty!」はエッジの効いたギターを中心とする軽快なバンド・アンサンブルを特徴とした、力強くも爽やかなメロディーをかき鳴らすオルタナティブ・ロックといった印象でした。一聴するとドイツのバンドとはとても思えない、むしろUK産バンドのようなインテレクチュアリズムに溢れた知的なサウンドスケープを特徴としています。そして最新作も音楽性はそのままに、順当にレベルアップを果たした作品と言えるでしょう。ストリングスや銀盤を効果的に用いることで、ミドル~スローテンポの楽曲が更にシネマティックで魅力的なものになっています。そして従前からの持ち味である、力強さと軽快さを兼ね備えたロック・ナンバーはパワーを増し、一層グルーヴィーで強力なものになっています。

お気に入り曲はオープニング・ナンバーである♯1. Relations In The Unseen。掴みとしては最高のパワーとキャッチーさを備えたキラーチューンです。きっとライブでも外せないナンバーとなるでしょう。

作品として非常にバランスのとれたクオリティーを誇る良作。今年のオルタナティブ・ロック勢による新作の中でも屈指の出来だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*