Into The Shadow / Anoice

a2534372105_10

Release : 2015/2/14

Genre : Post Classical / Post Rock

Samples : Memories Of You

Tracklist :

1. Old Lighthouse

2. Memories Of You

3. Tempest

4. Autumn Waltz

5. A Burnt-Out Nation

6. Forever Sadness

7. Lost In Daydreaming

8. All Is White

9. Invasion  ★オススメ

10. What Is Left

日本のポストクラシカル/ポストロックバンド、Anoiceの4thアルバム。

海外でのワンマンツアー敢行やRiLF(matryoshkaのVo.とのコラボユニット)、Filmsといったサイドプロジェクトの活動を経て、前作から約3年ぶりのリリースとなる本作。ポストアポカリプティックなメロディーで彩られた、まるで映画のサウンドトラックのような(♯1や♯2など実際に映画で使用された曲もあります)シネマティックなアート作品。

恥ずかしながら本作以外で聴いたことがあるのは2nd「Out of Season」のみなのですが、あの頃と比べると今作はスケール感も美しさも段違いで、着実にレベルアップを重ねて行った事が伺える内容。沈痛で悲劇的なメロディーが逆に人間の崇高さ・気高さを浮き彫りにし、終末的な世界で奏でられる人間賛歌のような、ノスタルジーと天上の美しさが同時に表現されています。

オーストリア映画「Penrose」のメインテーマ曲であり先行公開曲でもあった「Memories of You」など、クラシカルで美しい楽曲が並ぶ中、筆者が最もお気に入りなのは作中一番の長尺曲でもある♯9. Invasion。退廃的なノイズとオルガンの音色をバックに徐々に熱を帯び、クライマックスで緊迫感と共に美麗なサウンドの奔流が流れ込む壮絶な一曲。耽美的で美しい音楽がお好きな方であれば、無条件でオススメしたい逸品です。

コメント

  1. GAOHEWGII より:

    M.A@yugenmelodies 様 こんばんは

     日本にはまだまだ素敵なインストグループが居るのですね。
    推薦曲の「Invasion」はグレゴリアン・チャントや教会音楽のような雰囲気をポップに取り入れていて
    うっとりしました。
    スケールも大きく
    「アメノ」を思い出しました。 

    • コメントありがとうございます。
      恥ずかしながら「アメノ」が何の曲か分からず動画サイトで聴いたのですが、TV等でよく聴くあの曲だったですね。今日初めて曲名が紐付きました(笑) 確かに、仰るとおり厳かさとキャッチーな美しさは本作にも通ずるものがあると思います。
      実はちょっとスコア付けすぎちゃったかな?とは思っていますが、本作もなかなか聴き応えのある良作でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*