Hand. Cannot. Erase. / Steven Wilson

51n443zzoYL

Release : 2015/2/25

Genre : Post Progressive Rock

Samples : “Perfect Life”

Tracklist :

1. First Regret

2. 3 Years Older

3. Hand Cannot Erase

4. Perfect Life

5. Routine

6. Home Invasion

7. Regret #9

8. Transience

9. Ancestral  ★オススメ

10. Happy Returns

11. Ascendant Here On…

12. Perfect Life[Grand Union Mix]

モダン・プログロック界の旗手としてPorcupine Tree、No Man、Blackfieldおよびソロ名義等での精力的な音楽活動だけでなく、プロデュース業や数々の古典的プログレッシブ・ロックのリマスタリングを担い、更にはAnathemaやNosound、来日を控えるPineapple Thief等を擁するレーベルKscopeの主催者でもある、プログレッシブロック界屈指のハードワーカーSteven Wilsonの4枚目。

Porcupine Treeの活動休止からソロ活動に専念してきたウィルソン、前作「レイブンは歌わない」こと「The Raven That Refused To Sing」(2013)はモダン・プログの極地とも言える内容で、圧倒的な完成度を誇っていました。英プログレ雑誌「Prog Magazine」が主宰するアワード『Progressive Music Award』では年間ベストアルバムを受賞するなど、世界中のプログレファンから歓迎された作品でした。

ウィルソンの70年代プログレ愛が炸裂した前作、そしてその評価と完成度を鑑みても「The Raven~Part2」を作ることは容易に想像できました。しかし彼は、それまでの音楽的経験・音楽性の断片を総動員してジャンルの壁を打ち破る”Post Progressive”への本格的一歩を本作で踏み出しています。

本作はコンセプトアルバムで、とある女性がロンドンのアパートで孤独死後3年間発見されなかったという悲劇的な実話からインスパイアされた内容。都会で誰にも気付かれず孤独な死に苛まれた女性について歌われた作品です。光と影が交差する霊妙なサウンドスケープは、この世ならざる情景に聴き手を誘います。作中に散りばめられたエレクトロニクスやデジタルビート、一部の楽曲で聴かれるポップなメロディーラインは往年のプログレッシブ・ロックファンにとってはもしかすると面食らうものかも知れませんが、Porcupine TreeやBlackfieldを振り返れば地続きの要素であることに気付くはず。

Porcupine Tree時代からの魅力でもあるシニカルさの滲むメロディーや、要所でカットインされるエッジの効いたハードなサウンドも健在。爽やかさを感じるポップネスはBlackfieldのようであり、アンビエントちっくな音響と銀盤はNo Manのようでもある、まさにキャリアの集大成とも言える内容。前作と同じ演奏陣によるテクニカルな演奏による高揚感と柔らかな美しさ、そして影が凝縮された、極めて立体的な作品です。

経験の断片を自在に組み合わせて新たな現代音楽へと昇華・再構築した、世界で彼にしか作りえない見事な傑作。本作をもって、まさしく彼は“Post Progressive”の体現者に上り詰めたのではないでしょうか。