Colliding Skies / Chaos Divine

a3148793090_10

Release : 2015/3/6

Genre : Alternative / Progressive Rock

Samples : bandcamp

Tracklist :

1. Landmines  ★オススメ

2. Badge Of Honour

3. Painted With Grey

4. Soldiers

5. Symbiotic

6. Tides

7. Before The Dawn

8. The Shepherd

9. Mara

10. With Nothing We Depart

オーストラリアのオルタナティブ/プログレッシブロックバンド、Chaos Divineの3rdアルバム。

「世界で最も美しい都市」と賞賛される事もある、オーストラリアの自然豊かな都市パース(Perth)を出身とするバンドで、そのサウンドも美しい土地柄が反映されてか透明度の高い美麗なメロディーを特徴としています。私が聴いたことがあるのは2nd以降ですが、前作と比較してメタリックな音像やリフワークはやや減退した変わりに、美しいギターの応酬や多彩なヴォーカル/コーラスワークによってサウンドに厚みと奥行きが増しています。テクニカルな演奏も前作から引き続き聴き所の一つで、よりシンプルになった今作を輝かせるスパイスとして重要な役割を果たしています。

作品の全貌を想像していただくために、本作と前作のミキシング・マスタリングを手がけた人物を知るのは参考になるでしょう。前作はOpethやKatatonia、Dark Tranquillity等を手がけた実績を持つJens Bogrenを起用していたのに対し、本作はKarnivoolやDead Letter Circus、Animals As Leaders、Skyharbor等の作品を手がけてきたForrester Savellを起用しています。Jensを起用したことでヘヴィネスとオーガニックなヴィンテージ感を両立したサウンドを獲得した前作に対し、本作はForresterの手腕でダイナミックで奥行きのあるロックサウンドが鳴り響きます。個人的には彼らの持ち味はサウンドのヘヴィネスやアグレッションではなく、楽曲の構築感と爽やかなメロディーにあると思っていたので、より持ち味を活かすことのできる今回の方向転換は歓迎です。

上述したSkyharborやKarnivoolといった新世代のモダン・プログロックバンドの一翼として、これからの更なる飛躍が期待できる好作品です。現代的なロックがお好きな方に幅広くオススメしたいですね。