Safari / Gwerkova

a0579605825_10

Release : 2015/3/2

Genre : Electronica / Ambient

Samples : bandcamp

Tracklist :

1. CPR  ★オススメ

2. Gun in the Sun

3. First Aid Kit

4. Mission Impossible

5. Safari

6. Shadowbird

7. Silence

スロバキア発の3人組によるエレクトロニカ/アンビエントミュージック・プロジェクト、Gwerkovaの4年ぶりとなる2ndフルアルバム。

2008年にGaspiZsuzsiの2名によってスタートしたGwerkovaは、アンプラグドミュージック、エレクトロ・フォーク、ポップス、アンビエント等の様々な音楽性にチャレンジしつつ、2010年にエレクトロ系のプロデューサー業もこなすjaniをメンバーに加えたことを契機に、現在のアンビエント/チルアウトを基盤とした音楽性へと腰を落ち着けることになりました。これまでに「6EARS」というEP一枚と、「NADA」というLP一枚をそれぞれリリースしてきましたが、本作の発表まで4年間音沙汰が無い状態でした。

しかし彼らは虎視眈々と新作作成の為にピースを集め続け、ついに2015年3月、新たなLP「Safari」を発表するに至りました。これが非常に素晴らしい出来で、心地良く跳ねるエレクトロ・ビートと、つま弾かれるアルペジオ・ギターによって生み出されるミニマルな音像に、抑揚を抑え浮遊感の漂う女性ヴォーカルが乗る、退廃感と絶妙なポップネスが心地良いダークアンビエントとして、極めて完成度の高い内容となっています。彼らがかつて体験した様々な音楽的な要素は決して無駄ではなく、今の彼らへと確実に受け継がれ昇華されている事が一聴して理解出来るほど、洗練されたアルバムです。

綿密な音の配置がされていますが、それが表向きには分からないほど没入性の高いサウンドスケープであるため、俯瞰的に聴いても、細部に注目して聴いても同様に楽しむ事が出来ます。また#1、#4、#7といった即効性の高い楽曲の間に、BGMとしてじっくり楽しめる楽曲が配置されているため、アルバム通して飽きずに聴き通せるようになっています。

アンビエントやドリームポップ、あるいはヒーリング・ニューエイジミュージックがお好きな方には特にオススメしたいですね。夜に聴くとたまらなくセンチメンタルに浸れる、そんな美しい作品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*