The Children of the Night / Tribulation

A1gsf8AEgxL._SL1500_

Release : 2015/4/20

Genre : Black Metal

Samples : Strange Gateways Beckon

Tracklist :

1. Strange Gateways Beckon

2. Melancholia  ★オススメ

3. In the Dreams of the Dead

4. Winds

5. Själaflykt

6. The Motherhood of God

7. Strains of Horror

8. Holy Libations

9. Cauda Pavonis

10. Music From the Other

スウェーデンのデス/ブラックメタルバンド、Tribulationの3rdアルバム。同国のNWOBHMリスペクトなバンドEnforcerでプレイ経験のある、Adam Zaarsも在籍しています。

2009年に1stフルアルバム「The Horror」でデビューした彼らは、純然なブラックメタルの枠組みに収めることの出来るバンドではなく、プログレ~70’sハードロック、正統派HMなど様々なフレーバーをブレンドさせたハイブリッドな感性を持ったバンドです。最近のバンドではKvelertakが近いでしょうか。しかしあそこまでダーティで開放的な内容ではなく、あくまでブラックメタルのカルト的な邪悪性を感じさせる彼らのサウンドはDissection(特に3rdアルバム「Reinkaos」)などが比較対象として適切かもしれません。

ブラックメタルの代名詞の一つである吹雪のようなトレモロリフは控えめながら、趣向を凝らしたギターワーク等によって構築された美しくも邪悪なメロディーはブラックメタルのそれであり、黒く染まったサウンドスケープからはクラシカルなHMに感じられる様式美的な意匠が見て取れます。

前作は緩急の鋭さが目立ち長尺曲も多いプログレッシブな志向の作品でしたが、今作はよりどっしりとした安定感が際立つ正統派HMの影響を強く感じる内容で、邪悪で純然たるヘヴィーメタルのカッコ良さに満ち満ちた作品となっております。ブラックメタルはちょっと苦手かな、という方にもオススメできる普遍的な魅力を持った力作です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*