Helios | Erebus / God Is An Astronaut

a2388958363_10

Release : 2015/6/21

Genre : Post Rock

Samples : bandcamp

Tracklist :

1. Agneya

2. Pig Powder

3. Vetus Memoria  ★オススメ

4. Finem Solis

5. Helios Erebus

6. Obscura Somnia

7. Centralia

8. Sea of Trees

アイルランドで2002年に結成されたポストロックバンド、God Is An Astronautの7thフルアルバム。

彼らの音楽性はデビュー作からほぼ一貫しています。自らの音楽性を”Space-Rock”と呼称するように、広大な宇宙空間や星々の煌きを感じさせるような、奥深くメロウなメロディーラインが特徴的です。前作「Origins」ではヴォコーダーヴォーカルやスペーシーな音色を奏でるシンセ、シューゲイザーばりの轟音を奏でるノイズギター等が意欲的に導入されたサウンドでしたが、あれから2年ぶりとなる本作においては前作程の実験的要素は無いものの、叙情的でメタリックなギターフレーズや静と動の使い分け、アンビエントの領域まで可動域を広げたシンセサウンド等によって、原点回帰を志向しつつ一層のダイナミズムと内省的な奥深さを会得した作品に仕上がっています。

クリーントーンとディストーションを使い分けるギターフレーズの奔流が心地良い#1や、メランコリックな銀盤の旋律とギターワークが織り成す序盤の清廉な音像から、終盤のスラッジーなアンサンブルへと急降下していく#3、静と動を駆使した緩急ある展開と、多幸感溢れるコーラスワークが夢見心地の音像を形作る#5、浮遊感を持つメランコリックな音像に多重コーラスが溶け込むアンビエントナンバー#8等、彼らが培ってきた音楽性の集大成と言える内容で、ファンであればまず満足できるかと思います。一方で良くも悪くも予定調和に収まりきった作品でもあるので、冒険を求める方にとってはやや不満の残る作品となってしまうかもしれません。いずれにせよGod Is An Astronautのディスコグラフィーの中でもかなりの完成度を誇ることには違いなく、次回作でどのような姿を見せてくれるのか今から楽しみにさせてくれる力作です。