Odd Anthem / Static In Verona

a0231832993_10

Release : 2015/8/28

Genre : Dreampop / Shoegazer

Samples : bandcamp (name your price)

Tracklist :

1. Anyone Anymore

2. Heavy Hands

3. Future Ghosts

4. Blink  ★オススメ

5. Shudder to Think

6. Wait, Wait

7. Then a Hush

8. Forgetful

9. Tomorrow Feels Like Yesterday

10. Alternate Ending

アメリカのマルチミュージシャンRob Merzこと、Static in Veronaの3rdアルバム。

前作「Everything You Knew Before You Knew Everything」では残響がかったノイズギターが心地良いシューゲイザー/ドリームポップを披露していましたが、本作でもその路線は変わっていません。前作から1年という短いスパンでのリリースとなりましたが、クオリティーを落とすことなく、むしろ更に洗練させてきたという事実が彼の創作意欲とソングライティングセンスの高さを証明しています。

甘美なディストーションギターを背に爽やかな歌唱が風のように疾駆する#1、ループするビートとギターリフ、そして未来的なシンセサウンドが聴き手をダンスフロアへと誘う#2、光のようなサウンドスケープを幾層にも重ねたコーラスと共に爆発させるサビメロが印象的な#3、女性ヴォーカルとディレイを効かせたノイズギターを交えたダークなオルタナティブ・ポップといった風情の#4、仄かに憂いを含ませ駆け抜けていく歌唱がトレモロギターの撒き散らす光に影を落とす#5、蕩ける程に暖かいアンサンブルと美しいコーラスワークが幻想的な#6、聴き手を祝福するかのようなエモーショナルな歌唱が印象的な#7、そしてエンディング前を飾る#8もスタンダードな構成ながら強力なパワーポップ。前作から更にアレンジを広げながら、極めてバランス良く纏め上げられた職人芸を感じさせる内容です。

前作は50分超というランタイムもあってか、聴いていてアルバム途中でだれてしまう様な場面もあったのですが、本作は約33分という短めのランタイムに纏められていて、尚且つ楽曲のバラエティー性も増してローテーション性にも優れているため、純粋に前作よりもレベルの上がった作品であると言えると思います。私のように前作以前から気に入られた方は勿論、甘酸っぱくて爽やかなポップネスが聴き手を選ばず魅了してくれる一枚です。