ポスト・プログレッシブロックを巡る ~私的傑作選~

post-prog

1. はじめに

2008年、”ポスト・プログレッシブ”を標榜するレーベルKscopeの登場から、Steven Wilsonを筆頭とする『ポスト・プログレッシブロック』と言われる界隈がその勢力を拡大している事については、ご存知でしょうか。彼らはプログレッシブロックの”先進性”を体現する筆頭格として、TesseracTやKatatoniaといったヘヴィーメタル界隈まで巻き込んでおり、今や『ポスト・プログレッシブロック』は一つの音楽ジャンルとして認知され、更に大きなムーヴメントに発展しようとしています。

今回記事にした理由は、一つ目にこのジャンルそのものに関して、紹介された国内の情報サイトが見当たらなかったこと。もう一つは私の最も好きなバンドであるAnathemaがKscope所属のポスト・プログレッシブロックバンド代表格として、ここ日本で初来日ライブを行ったことを機に、私の音楽的好みを形成する一大要素である当ジャンルについて、一人でも多くの方に知って欲しいという思いがあるためです。

この記事では、私が個人的に名作だと思っているポスト・プログレのアルバムを紹介しているのですが、私の知識不足等によって見当違いな作品を紹介してしまっているかもしれません。もし至らない箇所があれば、生暖かい目でスルーしていただけると助かります。

2. ポスト・プログレッシブロックとは

Kscopeが提唱する音楽のあり方であり、1960,70年代のクラシカルなプログレッシブ・ロックを尊重しながら、最新のテクノロジー機器や、クラウトロック・トリップホップ・エレクトロニカ・ポストロックといった多彩な音楽を取り込むことで生まれた、21世紀以降の新たな時代に共鳴し得るプログレッシブ・ロックのことを指します。”ポスト・プログレッシブ”の理念に関するより詳細な内容については、Kscopeホームページにて確認することが出来ますので、気になる方は是非読んでみてくださいね。

個人的には、上の話を更に押し進めて、旧来のプログレッシブロックのスタイルをただ模倣するのではなく、”より先進的なものを生み出そう”というプログレッシブロック本来の理念に立ち返って生み出された音楽全般を指すのだと考えています。多彩であるが故に聴き手に広い解釈をもたらす音楽性なので、どんな音楽に”ポスト・プログレッシブ”を感じるかは人によって様々だと思います。これから紹介する作品群はあくまで私が”ポスト・プログレッシブ”な音楽だと感じたものになります。

3. 私的傑作選(※バンド名アルファベット順/随時更新)

Anathema『Weather Systems』(2012)
Archive『Londinium』(1996)
Blackfield『Blackfield II』(2007)
Bruce Soord with Jonas Renkse『Wisdom of Crowds』(2013)
Casualties of Cool『Casualties of Cool』(2014)
Engineers『Three Fact Fader』(2009)
Frost*『Experiments In Mass Appeal』(2010)
The Gathering『Disclosure』(2012)
Gazpacho『Demon』(2014)
Katatonia『Dethroned & Uncrowned』(2013)
Leafblade『The Kiss Of Spirit And Flesh』(2013)
Lunatic Soul『Walking on a Flashlight Beam』(2014)
Leprous『The Congregation』(2015)
Memories Of Machines『Warm Winter』(2011)
The Mercury Tree『Countenance』(2014)
No-Man『Schoolyard Ghosts』(2008)
Nosound『A Sense of Loss』(2009)
The Pineapple Thief『Magnolia』(2014)
Riverside『Love, Fear And The Time Machine』(2015)
Steven Wilson『Hand. Cannot. Erase.』(2015)
Sylvan『Sceneries』(2013)
TesseracT『Polaris』(2015)
Ulver『Wars Of The Roses』(2011)