Khwaab / aswekeepsearching

a1855321458_10

Release : 2015/10/15

Genre : Post Rock

Samples : bandcamp

Tracklist :

1. Ativa

2. In Circles  ★オススメ

3. We Sound Like Strangers

4. Other Side

5. When Will They Talk?

6. Catalogues

7. Banshee

8. What if _?

9. Life = Parallels

10. The Moment

11. B-303

インド西部の都市、アフマダーバード出身の4人組ポストロックバンド、aswekeepsearchingの1stフルアルバム。彼らの作品に触れたのは本作が初めて。

デビューEP『Growing Suspicions』から1年振りのリリースとなる本作は、夢や人生、自然、ヒトが生まれてから社会で役割を獲得するまでの行程、といったテーマを掲げるコンセプト作品。ポスト・ロックを基調としつつ、エレクトロニカやアンビエント、マスロックといった要素も取り入れ、既存のポストロックの枠には収まらない空間的な広がりと深みのあるサウンドスケープを生み出しており、奥深いコンセプトを効果的に表現しています。本作はインスト中心の構成ですが、それがかえってヴォーカルの存在感やサウンド全体の内省感を向上させていています。

海中に差し込む淡い陽光のような、深みと多幸感を併せ持った美しいリフレインが心地良いオープニングチューン#1にはじまり、エレクトロニクスを交えた夢現の音像から、こみ上げるような轟音による美メロの洪水を引き起こす#2、、メロウなピアノの旋律とダークなエレクトロニクスを携えたアンサンブルが美しく木霊する#4、ピアノと淡いシンセサウンド、朗々と歌い上げるヴォーカルがアトモスフェリックな美しさを披露するバラード#5、ダークなアンビエントシンセ、抑えの効いた叙情的なギターフレーズがシリアスでシネマティックな彩りを加えるインストナンバー#6、軽やかにステップを踏むようなピアノの美旋律をバックに、清廉なアルペジオギターを中心としたアンサンブルがループする#7、デジタルビートが主導するミニマルなイントロに続いて、幽玄な声色で歌うヴォーカル/コーラスワークと清らかなアルペジオギター/トレモロリフが神秘的な音像を形成する#8、残響するスポークン・ワードとアトモスフェリックな轟音が幻想的な世界観を作り出す#9、憂いを帯びたピアノの音色と厳かなストリングスによる小曲#10、熾烈なヘヴィネスを湛えた轟音と伸びやかに美メロを奏でるギターフレーズが壮麗にクライマックスを彩る#11と、隙の無い構成で知的なポスト・ロックが奏でられています。

今年のポストロック作品としては、Enau, Spurv, Caspian, EXXASENSらの新作と併せて必聴レベルの力作です。轟音だけでなくミニマルなアンサンブルの魅力が詰まった本作は、マスロックやエレクトロニカがお好きな方にも十分にアピールするでしょう。