A Dream in Static / Earthside

a2220009983_10

Release : 2015/10/23

Genre : Progressive Metal

Samples : bandcamp

Tracklist :

1. The Closest I’ve Come

2. Mob Mentality (feat. Lajon Witherspoon & Moscow Studio Symphony Orchestra)

3. A Dream in Static (feat. Daniel Tompkins)

4. Entering the Light (feat. Max Zt & Moscow Studio Symphony Orchestra)

5. Skyline  ★オススメ

6. Crater (feat. Björn Strid)

7. The Ungrounding

8. Contemplation of the Beautiful (feat. Eric Zirlinger)

米コネチカット州の都市、ニューヘイブン出身のプログレッシブ・メタルバンドEarthsideのデビューアルバム。

現代社会による束縛が破壊され、情熱的で優しく・公平な世界が実現して欲しいというバンドの思いがコンセプトとなった本作。その壮大なテーマは、Daniel Tompkins (Tesseract, ex-Skyharbor), Bjorn Strid (Soilwork) を含む4名のゲストヴォーカル、及びDavid CastilloJens Bogrenという2名のトップ・プロデューサーを迎えた豪華布陣をバックに、クリアでシネマティックな音像によって美しく表現されています。

実力派プロデューサーが携わっているだけあって、サウンド・プロダクションは既に一線級のバンド達と何ら遜色無いレベル。楽曲もインスト・バンドだけあってフックのあるテクニカルな演奏で聴き所満載。メロディーセンスにも優れ、幽玄で美麗な旋律を全編で堪能出来ます。

特に出来が良いのがインスト・ナンバーで、ディレイがかった美しいリフレインが透明感を演出する1. The Closest I’ve Come、ヘヴィなアンサンブルにピアノの優麗な旋律を組み込んだ5. Skyline、重厚なアンサンブルを薄い膜を張るシンセと水泡のような独特のギターフレーズが包み込む7. The Ungroundingなど凄まじいクオリティーを誇ります。逆にそこが本作唯一の弱点(?)で、インスト・ナンバーの素晴らしさが、せっかくの豪華ゲストヴォーカルを招いた楽曲の印象を曇らせてしまっています。

とはいえ、そんな些細な事など塵芥に帰してしまうほどレベルの高い作品である事も事実。TesseracTやSkyharborといったアトモスフェリックなメタルがお好きな方であれば強くオススメ出来る一品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*