Past Life Regression / Orbs

B122t7U-OCS._SL1500_

Release : 2016/7/15

Genre : Progressive Rock / Space Rock

Samples : “Giving Tree Hanging Me”

Tracklist :

  1. Death Is Imminent (However, Relative)
  2. Dreamland II
  3. Jaws on Repeat (Life on Hold)  ★オススメ
  4. Peculiar, Isn’t It?
  5. These People Are Animals
  6. Exploded Birds
  7. Giving Tree Hanging Me
  8. Not That Kind of Ouroboros
  9. El Burro

メンバーにBetween the Buried and MeのギタリストDan Briggs、元Abigail Williams/Cradle of FilthのキーボーディストAshley Ellyllonも在籍するエクスペリメンタル/プログレッシブロックバンド、Orbsの2ndアルバム。PolyphiaやEisley等が所属するEqual Vision Recordsからのリリース。

プログレッシブメタルからブラックメタル、エクスペリメンタル・ロック、グラインドコアといった多様な出自のメンバーが集ったスーパーバンドで、上に述べたDan BriggsとAshley Ellyllon、そしてFear BeforeというバンドのAdam Fisherの3名によって2007年に結成されています。2010年に1stアルバム『Asleep Next to Science』をリリースしており、『Past Life Regression』はそれから7年振りとなる2作目ですが、個人的な体験は本作が初めて。乱暴に例えればBetween The Buried And Meのクリーンパートを切り出して発展させたかのような内容で、ポストプログレの領域にも踏み込んだ至高の音世界が広がっています。静と動を駆使しながら自在に変化するアンサンブルは極上の聴き心地で、万華鏡のように次々と入れ替わっていくサウンドスケープを追うだけでも相当楽しい。縦横無尽に動き回るギターは勿論、Ashleyの銀盤捌きが特に素晴らしく、大仰なサウンドでホラーチックに彩ったかと思えば、次には幻想的な音のカーテンでアトモスフェリックな彩りを加え、あるいはメランコリックな旋律で聴き手の涙を誘ったりとまさにやりたい放題。曲や場面によって見せてくれる表情は非常に多彩ですが、全体としては古いSFのような、幻想的でレトロフューチャーな情景に満ちています。

ヴォーカルの声質もあってThe Mars Voltaを想起する方も多いかもしれませんが、こちらはオルタナティブロックというよりプログレッシブロックやサイケデリックロックと表すべきでしょう。しかし難解さよりもキャッチーなメロディーラインの方がよっぽど印象的であるため、普段そういった音楽を聴かない方でも意外とすんなり聴けるかもしれません。いずれにせよクオリティーは上述したように極上なので、好き者は是非お試しあれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*