Stranger Heads Prevail / Thank You Scientist

stranger-heads-prevail-album-art

Release : 2016/7/29

Genre : Progressive Rock

Samples : “The Amateur Arsonist’s Handbook”

Tracklist :

  1. Prologue: A Faint Applause
  2. The Somnambulist
  3. Caverns
  4. Mr. Invisible
  5. A Wolf in Cheap Clothing
  6. Blue Automatic  ★オススメ
  7. Need More Input
  8. Rube Goldberg Variations
  9. Psychopomp
  10. The Amateur Arsonist’s Handbook
  11. Epilogue: And the Clever Depart

米ニュージャージー州出身の7人組プログレッシブロックバンド、Thank You Scientistの2ndアルバム。前作『Maps of Non-Existent Places』のリリースが2012年なので、4年ぶりの新作ということになります。

サックス、ヴァイオリン、トランペット奏者が所属する7人所帯で、RushやKansasのようにハードで変則的な演奏を甘いメロディーに包み込んで、スムーズに聴かせられる才能を持っています。メタルにも肉薄する攻撃的で分厚いサウンドや、ブラス・セクションが積極的に参加するスウィング感も持ち味の一つ。一方、メロディーの質感は90年代以降のエモやオルタナティブロックに近く、彼らがレーベルに所属するにあたってCoheed and Cambria(ヴォーカリストClaudioがレーベルEvil Ink Recordsのオーナー)に見初められたというエピソードには妙な納得感があります。

4年振りとなった本作でも音楽性に大きな変化は無く、相変わらずの独創的なロック・アンサンブルを披露。一聴して分かるメロディーの親しみやすさやダイナミズムは大きくパワーアップを果たしています。また前作から引き続き、ソロを交えながらアグレッシブに弾き倒すギターと、スピーディーなブラスセクションのせめぎ合いは圧巻の一言。そしてスリリングな演奏が大勢を占めるからこそ、要所でカットインされる爽やかなコーラスワークや中東風のユニークな旋律がますます映えます。個人的にはもっと静のパートを増やしても良いと思うくらい、静寂を利用した奥行の演出やメロディーの使い方が上手いバンドです。

前作が好きな方なら引き続きオススメできる逸品。テクニカルなプログレッシブロック/メタルの中では彼らが頭一つ抜けていることをまじまじと実感させてくれます。