Your Wilderness / The Pineapple Thief

81ukjifHhzL._SL1200_

Release : 2016/8/12

Genre : Alternative / Post Progressive Rock

Samples : “In Exile”

Tracklist :

  1. In Exile
  2. No Man’s Land
  3. Tear You Up
  4. That Shore
  5. Take Your Shot
  6. Fend for Yourself
  7. The Final Thing on My Mind ★オススメ
  8. Where We Stood

UK屈指のモダン・プログレッシブロックバンドであり、”ポスト・プログレッシブ”を標榜するレーベルKscopeの先導者でもあるThe Pineapple Thiefの11thフルアルバム。

リリカル且つシャープな知性を感じさせるメロディーラインと、ストリングスも豊富にこれまで以上にダイナミックなアンサンブルが聴き手を圧倒する、まさにバンドの総決算に相応しいモダンロックを披露した好作品『Magnolia』に続く本作は、美しいアコースティックアレンジと柔らかなストリングス・銀盤の音色が包み込む、幽玄にして優美、繊細なアンサンブルが胸に染みる逸品。本作に登場するゲスト陣も豪華で、元Porcupine TreeのGavin Harrisonによる融け込むようなドラムプレイをはじめ、Supertramp、Caravan、Godsticksのメンバーからもそれぞれクラリネット・ストリングス・ギターの素晴らしい演奏が提供されています。過去にも『Variations on a Dream』(2003)や『Tightly Unwound』(2008)といったアコースティックアレンジと美メロの際立つ作品はありましたが、前作のキャッチーなソングライティングを踏襲した本作は更にスムーズに、深い感動を喚び起こしてくれます。殆どの曲が5分前後に収まっていて、ミニマルで爽やかな作風も相まってさらりと聴き通すことができますが、その中でも10分近い長尺を誇る#7. The Final Thing on My Mindは目立つ存在です。しかしその内省的な世界観に徐々に光が差していくようなドラマティック且つ濃密な展開が印象的で、個人的には本作最大のお気に入りナンバーと化しています。

静かで落ち着いた作風で前作からのギャップに驚く方もいらっしゃるかもしれませんが、憂愁の影差す美しい旋律は過去のどの作品よりも充実していて、彼らの新しい魅力を発見させてくれる傑作に仕上がっています。ポストロックやオルタナティブロックの美しいメロディーをお探しの方には是非オススメしたい作品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*