Dear Avalanche / Lights & Motion

Release : 2017/1/20

Genre : Ambient / Post Rock

Samples : bandcamp / Spotify

Tracklist :

  1. This Explosion Within
  2. Feathers
  3. Silver Lining
  4. Anomaly
  5. Pandora  ★オススメ
  6. Perfect Symmetry
  7. Everest
  8. Lucid Dreaming
  9. DNA
  10. Anamorphic
  11. Exhale
  12. As They Sleep
  13. All The Way
  14. We Only Have Forever

スウェーデン、イェーテボリ出身のプロデューサー兼マルチミュージシャン、Christoffer Franzénによるソロ・プロジェクトLights & Motionの4thアルバム。過去作から引き続きDeep Elm Recordsからのリリース。

ポストロックという音楽が様式化しつつある中、2013年に突如として北欧から登場した天才による新作。2013年に2枚のアルバム(『Reanimation』『Save Your Heart』)をリリースし、収録曲がLone Survivor(2013)やHomefront(2013)、Transcendence(2014)といったアメリカ産ビッグ映画のトレイラーで用いられるなど鮮烈なデビューを果たしており、2010年代で最も勢いのあるポストロック・アクトの一人といっても過言ではありません。不純物を取り払った美しく清らかなギターとシンセサウンドを何重にも織り重ね、映画という巨大な舞台にも相応しい壮大なアンビエント/ポストロックに仕立て上げる手腕には、思わず目を見張るものがあります。そんな彼のルーツには、Explosions In The Skyが2004年のアメリカ産映画『Friday Night Lights』に提供した楽曲があるそうな(私はそれを聴いた事がないのですが、音響系バンドを多く扱う海外レビューサイト「arctic drones」による2014年のインタビューでそのように語っています)。Explosions In The Skyがそうしたように、一般的なバンドで用いられる楽器の範囲で、映画音楽としても鑑賞に堪えうるシネマティック・ロックを創り出すことが、彼の基本的なスタンスとなっているようです。

新作の話に戻すと、この『Dear Avalanche』は疑いようもなく過去最高級のアルバムです。Christoffer Franzénは本作で、多くのゲストヴォーカルを招いて収録した壮大なクワイアと、シンセのオーケストレーション、繊細なエレクトロニクスを用いて、より「分厚い」サウンドスケープを作り上げています。それはまさにAvalanche(雪崩)のように押し寄せ、圧倒的で美しい銀幕の世界を構築していきます。多幸感あふれる壮大な合唱をフィーチャーした#1. This Explosion Withinで幕を開け、清らかなギターフレーズと壮麗なオーケストレーションが咲き乱れる#2. Feathers、繊細なアンサンブルに融け込むようなクワイアが美しいアトモスフェリックナンバー#3. Silver Liningには心奪われる事請け合いですが、続く#5. Pandoraの爆発的な美しさには感動を通り越して唖然とするほどの凄みが備わっています。この序盤の流れだけでも本作を買う価値は十二分にあると言えるでしょう。中盤から終盤にかけては、アンビエント色の比較的強い落ち着いたトーンのナンバーが増えていきます。力強いタムと、銀盤のメロウで爽やかな旋律が跳ねる#7. Everest、図太いベースラインと沈んだギターリフの反復が、憂い深い群青の情景を映し出す#9. DNA、煌くダイアモンドダストのようなシンセと電子音の交わりを背に、オーロラのように壮麗な音像を構築する#11. Exhale、まさにクライマックスと言わんばかりの穏やかで多幸的なリードギターの旋律と、ここぞと盛り上げる壮麗壮大なシンセサウンドで大団円を迎えるラストナンバー#14. We Only Have Foreverなど、かつてのLights & Motionの美点が凝縮されたような佳曲が詰まっています。

彼の音楽を聴いていると、まるで「世界の美しさや宇宙の神秘を表現するのに言葉は不要だ」と言われているようです。歌詞がなくとも自然と没入してしまう、桃源郷のような多幸感と美しさに満ちたサウンドスケープに終始うっとりと浸った約50分でした。

コメント

  1. こんばんは。
    Avalancheって雪崩って意味なのですね。勉強になります。とてもきれいでこれが50分続くのかと思うと、惹きつけられます。
    最近はspotifyですぐ「お試し」が出来るので、
    (僕の記事もきっとそうですが)
    記事にもより気軽に接することが出来そうです。
    取り敢えず「pandora」は聴いてみないとですね。
    このおすすめ楽曲表示はありがたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*