Metanoia / The Moon and the Nightspirit

Release : 2017/3/17

Genre : Pagan Folk / Neo Folk

Samples : bandcampYoutube / Spotify

Tracklist :

  1. A Hajnal Köszöntése
  2. Az Elsö Tündér Megidézése
  3. Mystérion Mega  ★オススメ
  4. Kilenc Hid
  5. A Fény Diadala
  6. Metanoia
  7. Kristálymezök
  8. Hen Panta Einai (Minden Egy)

ハンガリーのペイガンフォーク・デュオ、The Moon and the Nightspiritの6thアルバム。Prophecy Productionsからのリリース。

(公式bandcampページより)

2003年に結成された、男女のマルチ・インストルメンタリストによるフォークデュオ。リードヴォーカルを務め、ピアノ、ヴァイオリン、ハープ、パーカッション、作曲やアルバムアートワーク制作等をこなすÁgnes Tóth(画像左)と、アコースティックギター/ベースをはじめ、ツィターやカリンバ、ダルシマーといった様々な民族楽器を操り、作詞も担当するMihály Szabó(画像右)。二人とも余りに多才過ぎて、構想から制作、完成まで全ての工程を自分たちだけで完結させてしまいます。DIY精神溢れるユニットです。

彼らの音楽は、ハンガリーの伝統的な土着信仰や民俗学、童話や伝説に根付いています。時にペイガン=異教として抑圧されてきたという貴重な教えや物語を、彼らは10年以上伝え続けているのです。歌は全編ハンガリー語で歌われているらしく、残念ながら私では意味を聞き取る事が出来ません。しかし、その圧倒的に深く・美しい音楽によって喚起される感動と没入感を通じて、その世界観の一端に触れる事は出来ます。そして彼らの音楽にかかれば、その一端ですら恐ろしいほど魅惑的となり、聴き手を深い酩酊へと誘うのです。

厳かな弦楽器の音色と、透明感と慈愛に満ちたÁgnesのヴォーカルが中和し合って生まれるサウンドは、神聖さと妖艶さの入り混じった魔性のもの。ただ壮麗なだけでなく、どこか影を含んだメロディーなのはまさに東欧の音楽という感じですね。聴いているとまるで自分が古代の祭事の参加者になったかのような、凄まじい臨場感をもたらしてくれます。

私は4thアルバムで彼らの事を知ったクチですが、作品を重ねる毎に音楽としての「掴み」が強くなっているような気がします。弦楽器のフレージングなど、昔より今の方がずっとエピックで深みも大きい。作風はずっと同じような路線を辿っているのですが、アルバムを聴き終わった後の残り香がまるで違います。前々作より前作、前作より本作の方が、濃く美しい余韻を残します。

アルバムタイトルのMetanoiaとは悔い改める事や改心することを意味し、この内省的なテーマが本作の音楽性に強く反映されています。過去作で見られたような祭事的な明るさや情熱的なギャロップは鳴りを潜めていますが、その代わりより哀愁深く、思索的で、重厚かつ繊細なアンサンブルやメロディーがこれでもかと詰まっています。個人的な好みに従えば、今の音楽性も十分に歓迎すべきものです。

どの曲も極めて独創的で素晴らしいものばかりですが、敢えてハイライトを挙げるなら#1. A Hajnal Köszöntéseから、#3. Mystérion Megaまでの序盤だろうか。厳かで不穏な旋律によって幕をあける#1. から、ループする弦楽器の不気味な清らかさと、揺らめくような歌の旋律によって意識を異世界へと連れて行く#2. 力強いパーカッションとギターアルペジオ、男性のバックコーラスが重厚な音像を作り、そこにÁgnesの歌とストリングスの天上の調べが木霊する#3。少なくとも従来からのファンであれば、ここまでに心を鷲掴みにされるのではないでしょうか。4曲目以降からは更に楽曲の深みが増し、沼地に足を突っ込んだようにずぶずぶとその世界観へと引きずり込まれていきます。幽玄なアコースティックギターとピアノの調べに乗って、Ágnesの歌が妖精のように踊る#5. A Fény Diadala、不穏なほど美しい弦楽器とピアノのループサウンドが心を掻き毟る#6. Metanoia、力強いパーカッションと共に天上の歌声が流れるように木霊し、私達の薄汚い心を浄化してくれる#7. Kristálymezök、呪詛の様に淡々と紡がれる歌の行間を、ストリングスやピアノ、木管楽器の音色が不気味に彩る#8. Hen Panta Einai (Minden Egy)は、本作の裏のハイライトだ。

アコースティックミュージックがお好きな方はもちろんの事、OpethRiversideなど一部のプログレッシブロック/メタルファンにもオススメできそうな作風です。二人の賢者によって生み出された、エキゾチックで神秘的なファンタジードリーム。是非堪能してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*