Senpai EP II: The Noticing / Sithu Aye

Release : 2017/5/8

Genre : Progressive Metal

Samples : bandcamp / Youtube

Tracklist :

  1. Summer Break! (夏休み!)
  2. It’s the Second Season, So We Need a New Character After All! (もう2クール目だし、新キャラ登場させなきゃね!)  ★オススメ
  3. A Rival Appears! (ライバル出現!)
  4. The Noticing! (ザ・ノーティシング!)
  5. Anime as Leaders (The Woven Weeab)

グラスゴー出身のギタリスト、Sithu Aye先輩の最新作。曲名に付属している日本語訳はCyclamenのフロントマン、今西勇人の助力によるもの。

リード・ギタリストの”プログちゃん”こと上原めぐみ(ジャケット右から2番目)を主人公に、プログちゃんを慕う後輩ギタリストの松本まり(ジャケット左から2番目)、そしてベーシストの轟花子(ジャケット右端)を中心に繰り広げられる、ドタバタ日常系アニメけいおん!をイメージした作品こと、『先輩』シリーズ。本作はその2作目。

羽の生えたようなカッティングと流れる様なシュレッドギター、巧みなリズムチェンジを織り交ぜながら、理知的で美しいフレーズを聴かせる…。Scale The SummitPolyphiaを想起させる自在なギタープレイが魅力なSithu Ayeですが、このシリーズではプレイスタイルはともかくメロディーに大きな違いが生まれていて、アニメやゲーム音楽にインスパイアされたような、ヒロイックで決然とした色合いのものになっています。日本のアニメ・ゲーム音楽に親しんできた方にとっては、この扇情性特化のメロディーに心揺さぶられるハズ。私は最近のファルコムっぽさを感じたよ。

今回はバンド4人目のメンバーであり新キャラとして、ドラマーの杉山玲奈が登場します(ジャケット左端)。絵柄から溢れ出る「私、ツンデレです」感、嫌いじゃない。“ゆるゆり”の杉浦 綾乃に八重歯生やしたらこの娘になるんじゃないですかね。本作では2曲目と3曲目でこのキャラクターがフィーチャーされ、本作の主役といっても良いくらい目立っています。なお2曲目のタイトルは、近年のラノベ特有のクソ長い題名をパロったものらしい。Sithu先輩は最近のアニメにも詳しいのだ。

クオリティーは1作目よりも格段に上がっていると思います。ギターフレーズはより熱く印象的なものになり、シンセとのユニゾンが前作以上に凶悪なものとなりました。相乗して、メランコリックなピアノがカウンターとして更に機能しています。1曲目のポップなサビのフレーズや、2曲目のスタイリッシュでキャッチーなイントロ、3曲目の哀愁漂うメロディーの応酬、4曲目の攻撃的なシュレッド、そして5曲目ではタイトルでパロディーした、Animals As Leadersが如き細かい刻みリフなど、どの曲でも印象的なプレイングが収まっていて、最初から最後まで高いテンションで楽しむことが出来ます。

尚、ジャケットアートやYoutubeで公開されているストーリービデオを見るに、画力も向上している模様(練習したんやろなあ・・・)。Sithu先輩は一体どこへ向かおうとしているのか分からないが、個人的にはこのまま2足の草鞋で突き進んでいって欲しい。そして、全世界に生息するオタク兼ギタリストに夢を与え続けて欲しい。ギターインスト好きもアニメ・ゲームオタクも両方楽しませられる、ユニークな芸当が出来る貴重なギター・ヒーローだと思うから。