Daniel Cavanagh “Monochrome”

Release : 2017/10/13

Genre : Art Rock / Progressive Rock

Samples : Youtube

Tracklist :

  1. The Exorcist
  2. This Music
  3. Soho
  4. The Silent Flight of the Raven Winged Hours
  5. Dawn
  6. Oceans of Time  ★オススメ
  7. Some Dreams Come True

英オルタナティブ/プログレッシブ・ロックバンドAnathemaのギタリスト兼ソングライター、Daniel Cavanaghによるソロ・アルバム。

世界で最も美しいメロディーを紡ぎ出す集団として私の心に刻み込まれているバンド、Anathema。今年リリースされたニューアルバム『The Optimist』は、2017年における Progressive Music Awardsの”アルバム・オブ・ザ・イヤー”…プログレッシブ・ロックシーンにおける最大級の賛辞を欲しいままにしました。そしてバンドにおけるメロディーの源泉とも言える存在がこの男、Daniel Cavanagh。Anathemaではメイン・ソングライターの一角を務め、自らのギターで極彩のメロディーを生み出してきた彼は、元ベーシストが結成したAntimatterや、自ら率いるアコースティック・ロックバンドLeafbladeでも等しく活躍の軌跡を残してきました。ソロ名義ではアコースティック形式でのソロライブ敢行や、カバー曲によるアルバムをリリースした事があるようですが、オリジナルトラックのみによるアルバムリリースは無く、つまり本作が彼というミュージシャンによる真のソロ・デビューアルバムという事になります。

1998年、Anathemaが4thアルバム『Alternative 4』をリリースした直後、Danielは母親が亡くなるという悲劇に見舞われました。翌年にリリースされた『Judgement』に収録された名曲”One Last Goodbye”は亡き母親へ愛を語りかける曲であり、『A Natural Disaster』(2003)収録の”Are You There?”は母を失った喪失感と悲しみを歌った曲でした。一方、『Distant Satellites』(2014)では自らの娘アリエルへの愛について歌った“Ariel”があります。

ソングライターであるDanielは上記のように自らの家族をテーマとした曲をいくつか作ってきたワケですが、集合体としてのバンドでは、自らのパーソナリティのみを表現する事は許されなかったでしょう。そこから本作のリリースに至ったのではないでしょうか。本作からは特に母親への思いが色濃く伝わってきます。

低音が目立つムーディな歌と、ギターの美麗なフレージングが映える快作です。Anathemaが『Hindsight』(2008)で引き算の美学を示してみせたように、Daniel Cavanaghのそれもできる限り装飾を控えたアンサンブルで、しかし歌とギターの音色は夜空の綺羅星のような軌跡を描く、奥ゆかしく美しい作風。なお楽器類はゲスト参加によるヴァイオリンを除き全てDanielの手によるもので、マルチ演奏者としての才能も披露しています。

#1. The Exorcist~#3. Sohoは歌モノで、#4. The Silent Flight of the Raven Winged Hours~#7. Some Dreams Come Trueはインスト寄りの内容。特に#2. と#3. そして#6. では元The Gatheringのヴォーカリストであり盟友のAnneke van Giersbergenが参加。爽やかで艶やかな歌声がモノクロの景色に黄金色の残照を漂わせます。#4. と#5. #7. ではアコースティックライブ盤『A Sort of Homecoming』の舞台で出会ったというヴァイオリニストAnna Phoebeが深遠なメロディーを奏でておりこちらも必聴です。またクライマックスナンバー#7. のラストでは、Danielの娘Arielの幸せそうな肉声が収められています。きっと今の彼は、母を失った悲しみを乗り越えて幸福を受け入れているのだと…強く信じさせてくれる結末でアルバムの幕が降ります。

Anathema側が欲しがった楽曲もあるそうですが(こちらのインタビュー記事参照)、しかし結局は本作の方に収録された事実からは、Danielの本作にかける思い、拘りが見え隠れします。