Diablo Swing Orchestra “Pacifisticuffs”

Release : 2017/12/1

Genre : Avant-garde / Progressive Rock / Metal

Samples : Youtube

Tracklist :

  1. Knucklehugs (Arm Yourself With Love)
  2. The Age of Vulture Culture
  3. Superhero Jagganath  ★オススメ
  4. Vision of the Purblind
  5. Lady Clandestine Chainbreaker
  6. Jigsaw Hustle
  7. Pulse of the Incipient
  8. Ode to the Innocent
  9. Interruption
  10. Cul-De-Sac Semantics
  11. Karma Bonfire
  12. Climbing the Eyewall
  13. Porch of Perception

スウェーデン発のアヴァンギャルド/プログレッシブ・メタルバンド、Diablo Swing Orchestraの5年振り4作目。

ヘヴィメタル(Diablo)、ジャズ(Swing)、クラシック(Orchestra)の3つを兼ね備えたバンド、Diablo Swing Orchestra。どうにも呆気にとられてしまう彼らの音楽性ですが、縦ノリと横ノリが混在した暴力的なグルーヴとキャッチーな演奏によって、唯一無二の魅力に昇華しています。「狂気の沙汰ほど面白い」音楽とはまさに彼らのためにある言葉。

前作までおよそ3年周期でアルバムをリリースしてきた彼らですが、本作に限って5年という期間を要しました。その理由の一つとして、長年に渡りリードヴォーカルとしてバンドを支えてきた紅一点AnnLouice Lögdlundを失った事件がある事は想像に難くありません。バンド活動によって彼女のオペラ歌手としてのキャリアが阻害されるのを恐れたためとのこと。そしてバンドは新たなヴォーカリストとしてスウェーデン人の女性シンガー、Kristin Evegårdを迎えます。

バンド側が一目惚れしたという程のEvegårdの歌声は、オペラ調のLögdlundとは違って突き抜けるようなパワーと瑞々しさがあります。良い意味で俗っぽく、フィクション的な熱気を盛り上げるのが上手いようです。彼女の歌いぶりはまさに「狂気に囚われた女」。アップテンポなナンバーだけでなくバラードですらその狂気がにじみ出る本物ぶり。

あと地味にドラマーにも交代が起きていますね。前作で素晴らしいプレイを魅せていたPetter Karlssonは前作リリース後すぐに脱退したようで、Johan Norbäckなる人物が新たに加入しています。しかしそのNorbäckも本作で素晴らしいプレイを披露しているあたり、聴く分には大きなダメージにならないかと思います。

肝心の楽曲ですが、5年待った甲斐があった!と唸らせてくれるほど素晴らしい出来。#1. Knucklehugs (Arm Yourself With Love)は、新ヴォーカルが名刺替わりに強烈なパンチをお見舞いするアッパーチューン。その狂気的なテンションでリスナーの不安を吹き飛ばしてくれる事でしょう。続く#2. The Age of Vulture Cultureは彼ら十八番のスウィング・メタルチューン。パワフルなヴォーカル&コーラスワークと美しいストリングスフレーズが互いを引き立てています。#3. Superhero Jagganathは静と動のコントラストが強烈な本作で最もコミカルなナンバー。#5. Lady Clandestine Chainbreakerはオーケストラ隊のアンサンブルによる映画的演出が壮大な感動絵巻を紡ぎます。先行公開楽曲でもある#6. Jigsaw Hustleは本作では異色の部類で、縦ノリを促すヘヴィでマシーナリーなギターリフと悲哀を滲ませる歌、そして過剰なほど飾り立てるストリングス部隊が奇妙にマッチングした独特のナンバー。オーケストラの悲哀滲む旋律を背に哀愁の歌を乗せたバラード#8. Ode to the Innocentも多才さを裏付ける一曲。#9. Interruptionは羽が生えたかのような演奏にポップな歌唱が乗る、ジャズの影響を強く感じるナンバー。後半のヒロイックな盛り上がりも素晴らしい。#11. Karma Bonfireは前作のオープナーVoodoo Mon Amourを思い出せる、強烈なスウィング感が火を撒くキラーチューン。本作最もヘヴィなアンサンブルで、重厚なカーテンコールを演出する実質的なクライマックスナンバー#12. Climbing the Eyewallに至るまで、最後まで全く勢いを落とす事なく駆け抜けていきます。

今までの彼らの美点が凝縮しているだけでなく、新ヴォーカルの加入によって更に拡張した音楽性を披露する本作は紛れもなく、過去の威光を抜き去って余りある完成度を備えています。