Rivers of Nihil “Where Owls Know My Name”

Country : USA

Release : 2018/3/16

Label : Metal Blade Records

Genre : Progressive / Brutal Death Metal

Samples : bandcamp

Tracklist :

  1. Cancer / Moonspeak
  2. The Silent Life
  3. A Home
  4. Old Nothing
  5. Subtle Change (Including the Forest of Transition and Dissatisfaction Dance)  ★オススメ
  6. Terrestria III: Wither
  7. Hollow
  8. Death Is Real
  9. Where Owls Know My Name
  10. Capricorn / Agoratopia

正直なところ、後悔していました。先月In Vainの新譜をレビューした時「このアルバムが2018年のヘヴィメタルを測る指標となるだろう」と書いたことに。今思えば、あの時は興奮に溺れていたのでしょう。冷静に考えればあれ程のアルバムなんて、年に数枚リリースされれば御の字だから。もし超えるような作品が存在するとすれば、それはもう2018年を代表すべき作品といっても過言ではないのです。

なのに、まだあれから1ヶ月ほどしか経過していないというのに本作が登場してしまった。米ペンシルバニア州出身の若きバンドがリリースした3rdフル、『Where Owls Know My Name』が歴史を塗り替えてしまいました。In Vainの新譜をも優に超えるポテンシャルを持った作品が、全くノーマークの内に投下されてしまったのです。おそらく本作は世界中を驚かせる事になるでしょう。

彼らのスタイルは同郷の先輩であるDeathやCattle Decapitation、Hate Eternal等からの影響も匂わせる、目まぐるしいスピードとテクニックで蹂躙していくテクニカル/ブルータル・デスメタル。メロディアスでドラマチックなギターフレーズを頻繁に用いる、この手のバンドの中では聴き易い部類でした。1stフルのリリースから名門Metal Blade Recordsに所属していただけの事あって、流石そのポテンシャルは相当なものです。…それでも前作までの彼らは、非凡ではありつつも突出した存在ではありませんでした。上には上が居たのです。

しかしながら、本作の発表によって彼らは遂に孤高の存在となりました。テクニカル・デスメタルに留まらず、CynicやFallujah、Opethを想起させるような幻想的なサウンドスケープへの変質、そしてアルトサックス、チェロ、トランペット、アコースティックギターを大胆に組み入れて、怒涛の緩急の中で「聴かせる」バンドになりました。特徴的だったメロディアスなギターフレーズは更に顕著なものとなり、メロディックデスメタルにも匹敵するエピックな旋律を存分に堪能できます。体感速度は若干落ちましたが気になる程でもありませんし、そもそも楽曲の魅力が何倍増しにもなっている現実の前では減点対象にすらなりません。テクニカル・デスメタルとしての矜持を殺さないまま、圧倒的進化を実現しているのが本作の現実離れした部分です。

不穏なアンビエンスを漂わせるイントロ#1. Cancer / Moonspeakに始まる本作は、狂気的なナンバーでひしめいています。特にサックスを大胆にフィーチャーした#2や#5、#9、#10は印象に残るでしょう。テクニカル・デスメタルにサックスを噛ませようと誰が発案したんでしょうか…。アーティストたるもの凡人の想像の先に君臨していなければ、とでも言うのでしょうか。まさに天才の所業とも言うべきカットインによって、本作に圧倒的なオリジナリティーを付与しています。また本作最長を誇るプログレッシブナンバー#5~インダストリアルメタル風の#6で作り上げた不穏な音像を、美しく幻想的なイントロで吹き飛ばす#7までの流れは本当にクールで、私はここをハイライトとして挙げたい。

アルバム全体を通して無駄がなく、洗練されています。本作の異常な変貌ぶりと完成度を鑑みれば、前作からの3年というスパンも短いように感じてきますね。一体何があったんだRivers of Nihil、最高の作品をありがとう。