Sons Of Kemet “Your Queen Is a Reptile”

Country : UK

Release : 2018/3/30

Label : Impulse! Records

Samples : Youtube

Tracklist : 

  1. My Queen Is Ada Eastman
  2. My Queen Is Mamie Phipps Clark
  3. My Queen Is Harriet Tubman  ★オススメ
  4. My Queen Is Anna Julia Cooper
  5. My Queen Is Angela Davis
  6. My Queen Is Nanny of the Maroons
  7. My Queen Is Yaa Asantewaa
  8. My Queen Is Albertina Sisulu
  9. My Queen Is Doreen Lawrence

英国の才気溢れるサックス、クラリネット奏者兼コンポーザー、Shabaka Hutchings率いるSons Of Kemetによる3作目。地元のNaim Recordsから、アメリカの名門ジャズ・レーベルImpulse! Recordsに籍を移して初のアルバムとなります。

初めて彼らの事を知ったのが前作『Lest We Forget What We Came Here to Do』(2015)の時で、bandcampで試聴したのがきっかけでした。千差万別、玉石混交であるかのサイトでも、彼らの音楽は特に異彩を放っていたのを覚えています。私が抱いていたジャズへのイメージとは全く異なる、テナーサックス、チューバ、ツインドラムという編成。そこから奏でられる、アフロビートやファンク、ラテン、レゲエ、サンバなどを通過したジャズ…のような何か。混乱したまま音楽を聴いていると、いつしか身体全体がリズムに乗って揺れている事に気づきました。貪るように楽しんでいる内に「ジャズを聴いている」事すら忘れ、ダンスミュージックに身を委ねているような気分になっていたのです。

本作も前作から作風に大きな変化はないものの、楽曲は格段にキャッチーになっています。チューバとドラムはこれまで以上に激しくリズムを波打たせ、それをHutchingsのサックスが華麗に乗りこなしながら、よりメロディアスでパワフルな音色を鳴らす。時折登場するゲストヴォーカルは荒々しく野性的に歌い、音楽のボルテージを瞬時に引き上げる。まるで曲芸のような即興性と中毒性の強いアンサンブルで、リスナーを際限無きグルーヴとカタルシスの渦に引きずり込んでいきます。

また、本作ではロンドンを拠点に活動する多数のミュージシャンがゲスト参加しています。#1ではBenin City、HUGH、electro dub outfit LVなどで知られるJoshua Idehenがヴォーカルとして、#2では大傑作「Jungle Revolution」で文字通りジャングル界に革命を起こした、Rebel MCことCongo Nattyがヴォーカルで、#3では気鋭のドラマーEddie HickとMoses Boyd、#4ではアヴァンギャルド・ジャズバンドPolar Bearに所属するサックス奏者Pete Wareham、#7では女性サックス奏者兼コンポーザーNubya Garcia、クライマックスの#9ではドラマーMaxwell Hallettと再びJoshua Idehenが登場。彼らゲストのおかげで、ただでさえワイルド&トライバルな音像が豪華なスケールアップを果たしています。

また本作は”君主制の批判”というテーマのもと制作されています。「君主制によって遺伝的に”選ばれた”女王を盲目的に信じるのではなく、信ずるに足る、自分だけの女王を”見つけろ”」というメッセージが込められているのです。子供時代にイギリスから東カリブ海の島国へ移り、そして戻ってきたという過去を持つHutchingsだからこそ、見えるイギリスの不自然さというものがあるのでしょう。Hutchingsはインストラクターとなり、まず自らの「女王」を曲名にして啓蒙を訴えかけます。1曲目のAda Eastmanは自らの祖母。2曲目のMamie Phipps Clarkは黒人の子供の自己意識を研究したアメリカの社会心理学者、3曲目のHarriet Tubmanは著名な奴隷解放運動家、4曲目のAnna Julia Cooperはアフリカ系の作家/学者で黒人解放運動家、5曲目のAngela Davisは60年代にブラックパンサー党と協力関係にあった政治活動家、6曲目のNanny of the Maroonsはジャマイカの英雄として語られる女傑、7曲目のYaa Asantewaaは現在ガーナの一部であるアシャンティ帝国のエジス村の女王、8曲目のAlbertina Sisuluは南アフリカの反アパルトヘイト活動家、9曲目のDoreen Lawrenceはイギリスのジャマイカ人運動家、といった具合に(殆どがwiki調べです、間違いがあったらすみません)。それにしても『Your Queen Is a Reptile』とは大胆で、効果的なネーミングだ。お前の女王は偽物だ、か…。

彼の熱いメッセージがそのまま具現化したかのような、グツグツと煮えたぎった演奏が活力を与えてくれます。単純に、傑作だった前作よりも強力な作品だと思うのです。またここ最近話題になっている「UKジャズ・シーン」の底知れない潜在性を垣間見た気がします。