Renegades Of Jazz “Nevertheless”

Country : Germany

Release : 2019/6/7

Label : Agogo Records

Genre : Jazz / Hip-Hop / Afrobeats

Sample : bandcamp

Tracklist : 

  1. Lemon Squeezers
  2. Big Fish
  3. Another Day (Going In Too Deep)
  4. Nevertheless
  5. Hot Wired feat. Donnie Numeric
  6. Light Me Up feat. Clair Fallows
  7. En Route feat. Urda  ★オススメ
  8. Then And Now
  9. Don’t Break My Love feat. Afrika Fuentes
  10. Hands And Hands feat. Bedos Mavanubu
  11. Set Me Free feat. Jon Kenzie
  12. This Journey feat. Kemi Ade

ドイツを拠点に活動する作曲家/プロデューサー、David HankeことRenegades Of Jazzの最新作。2011年のデビューアルバム『Hip to the Jive』から数えて4作目となります。

ブレイクビーツとビッグバンド・ジャズのコラボレーションをベースに、アフロ、ヒップホップ、ソウル、エレクトロスウィングといった要素を飾りつけした良質なクラブ・ミュージックを提供してきた彼。そのルーツは幼少期を過ごしたタンザニアにあり、前作『Moyo Wangu』は当時の思い出にフォーカスしたアフロ・ファンキーな作品でした。

3年振りとなる本作は前作程の濃厚なアフロではありません。しかし上述した要素をバランスよく詰め込みながら、過去最高に鋭く軽快なビート、キャッチーな銀盤とベースの旋律、羽が生えたようなギター、そして十八番である迫力満点のホーンセクションなど、演奏面で非常におかずの多い内容に仕上がっています。アルバムのどこを切り取っても美味しい、聴き所満載なアルバムです。

そんな本作の魅力を凝縮したオープナー#1. Lemon Squeezersに始まり、#2. Big Fish、#4. Nevertheless、#8. Then And Nowといったインストナンバーはどれも軽快で爽やかな聴き心地。一方、#5. Hot Wired、#6. Light Me Up、#7. En Route、#9. Don’t Break My Loveといったヒップホップ、ソウルのアーティストが集結するヴォーカルナンバーはパワフルでグルーヴィー。そんなインストとヴォーカルナンバーを織り交ぜながら、アルバムはアッパーに進行していきます。

#10. Hands And Handsからは一転、幕引きへとミドル~スローテンポの穏やかな曲たちが導きます。特にラストナンバー#12. This Journeyの美しさは折り紙付きで、彼の別プロジェクトKenoで見せてくれたような、モダン&チルなダウンテンポ・チューン。個人的にはRenegades Of Jazzといえば中盤までのアッパーなダンスチューンのイメージなのですが、この3曲も悪くなくアルバムの中でしっかりと役割を果たしています。

総じて、これまでのRenegades Of Jazzのファンであるなら間違いなく買って損はない作品です。人を選ばないキャッチーな演奏が魅力なアーティストでもあるので、この記事で彼を初めて知ったという方も、本作を機に是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。