Christian Fitness “You Are The Ambulance”

Country : UK

Release : 2019/5/29

Label : –

Genre : Alternative Rock / Post Hardcore / Punk

Sample : bandcamp

Tracklist : 

  1. newly colonised moon  ★オススメ
  2. real tennis
  3. you can stand on one leg (but you shouldn’t)
  4. mister conviction
  5. hey dave, don’t date yourself
  6. the brain is not a lever
  7. optics of a nurse
  8. getting stuck is funny sometimes
  9. health pt.1
  10. health pt.2

Christian Fitnessというバンドを初めて聴きます。bandcampから流れる本作のオープナーnewly colonised moon…久々にロックを聴いて痺れた気がしました。調べてみるに、Mclusky、Future of the Leftといったウェールズを拠点とするパンク/ポストハードコアバンドでフロントマンやリードギタリストを務めてきた、Andrew Falkousによるワンマンバンドとの事。そのMcluskyやFuture of the Leftという名前も知らなかったのでそちらも聴いてみたけれど、これまた格好良かった。フックに富んだ3ピースらしからぬ分厚い演奏、心地よいリズムの奔流、ユーモラスでキャッチーなメロディー、時の人Steve Albiniをプロデューサーに迎えた作品もあるようで、相当有望なバンドだったに違いありません。ウェールズにこんな凄いバンドがいたのか…と感嘆しきりでした。Christian Fitnessはそんな2バンドの特徴を引き継ぎつつも、より先鋭的な音楽性で楽しませてくれます。時にノイズロック、クラシカル、シンセミュージックまで振り幅を広げる予測不可能な動きはプログレ的とすら言えるかもしれません。

勢い余って過去2作をまとめて購入したのですが、本作はそれらに比べてスピーディでポップな作風でした。ダークで、カオティックで、どちらかと言えばメロディーよりもグルーヴで楽しませてくれた過去2作と比べて本作ではギターが主役になる事が多く、Falkousのヴォーカルはいつも以上に扇情的。メロディーには人懐っこさが宿ってます。ポップパンクやメロコアが好きな層に刺さるような曲も結構あって、私も昔はその辺りを聴いてきたので、思い出が刺激されてより気に入ったのかもしれません。ただしどの曲も一癖・二癖あり、型に収まらず良い意味で捻くれています。言い換えるならユーモラスな工夫が大量に仕込まれた本作は、紛れもないChristian Fitness印のマッドなアルバムだという事。日本だと余り話題になっていないみたいですが、多くのロックリスナーに触れてみていただきたい作品です。