Strawberry Girls “Tasmanian Glow”

Country : USA

Release : 2019/10/18

Label : Tragic Hero Records

Genre : Math Rock / Progressive Rock

Sample : bandcamp

Tracklist : 

  1. Bay of Fires
  2. Tasmanian Glow
  3. Moonwalker
  4. Baby Sprite
  5. Dreamgirl
  6. Mini Ripper
  7. Cradle Mountain  ★オススメ
  8. Lovetrip
  9. Angel Dust (feat. Haley Nicole Woodward)
  10. Faith Healer
  11. First Kiss
  12. Sasha
  13. Party Nights (feat. Andrés)

元Dance Gavin DanceのギタリストZachary Garrenを中心に結成された、プログレッシブ/マスロックバンド、Strawberry Girlsの最新作。前作から引き続きTragic Hero Recordsからのリリース。

元Dance Gavin Danceのギタリスト所属、という看板が目一杯主張されたメロディアスなポストハードコアを軸に、異種ジャンルとの積極的クロスオーバーによる天真爛漫さと幻想的な美しさが共存したサウンドスケープ。プログレ、マスロックリスナーをも唸らせるスリリングな演奏のレースがお祭り騒ぎを助長し、都市の喧騒、巨大な感情のうねりを親しみやすく、カラフルな絵にしてキャンバスへ投下するこのバンドは、個人的に最も期待しているインスト・ロックバンドの一つでもあります。

2012年にリリースされた同名のデビューEPを再録し、いくつかの新曲を加えた形でリリースされた前作”Italian Ghosts”の仕様上、本当の意味でニューアルバムと言える本作が非常に楽しみでした。前作から2年振りのリリースとなる本作では、ギターサウンドがこれまで以上にクリアになった点が真っ先に突き刺さります。最早ポスト・ハードコアというよりも今のChonのようなマスロック/プログレ/フュージョン的なアレンジ。相対的にドラムとベースの圧が強くなり、楽曲のスピードもより速くなっている事もあって、ヘヴィネスが犠牲になった事を忘れる程に切っ先鋭いダンスアルバムに仕上がっています。クリアなギターサウンドが生み出すメロディーはこれまでと段違いに美しく、ユーモアがあり、歌心に満ちていて、PliniやSithu Ayeを想起させます。良い意味でインストバンドを聴いている気分になりません。上述のChonを初め、Polyphia、mewithoutyou、The Contortionist、Skyharborらとライブを共にした経験が、このような変化を促したのかもしれませんね。生まれ変わったギターを新たな武器として、Dance Gavin Danceからの本格的な親離れを果たした作品とも言えます。

テクニカル&ハイエナジーな#1. Bay of Firesで景気よく幕を開ける本作は、終始その高揚感を保ちながら情念の炎が燃える夜のパーティーを演出します。ファンキーな旋律が夜風となり、物思いに耽るかのような#3. Moonwalker、女性ヴォーカルの官能的な歌声が心地良いまどろみを誘う#9. Angel Dustは本作の貴重な清涼剤。卓越した演奏テクニック、実験性、を圧倒的にポップな音楽性で覆った本作は見た目よりもずっと懐が深く、繰り返し聴くことによって更なる楽しさを享受できます。

Strawberry Girlsの歴史上間違いなく最高にポップな本作は、同時に最も魅力的な名刺でもあります。彼らを聴いたことのないリスナーには最適な入門作。ファンにとっても愛着深い作品になってくれる筈です。