Loraine James “For You and I”

Country : UK

Release : 2019/9/20

Label : Hyperdub

Genre : Grime / Electronica / IDM

Sample : bandcamp

Tracklist : 

    1. Glitch Bitch
  1. London Ting // Dark As Fuck ft Le3 bLACK
  2. So Scared
  3. Hand Drops  ★オススメ
  4. Sensual ft Theo
  5. For You And I
  6. My Future ft Le3 bLACK
  7. Scraping My Feet
  8. Sick 9
  9. Vowel // Consonant
  10. Words Ears Mouth

ロンドンを拠点に活動するプロデューサー、Loraine Jamesの最新作。Kode9主宰のレーベルHyperdubからのリリース。

本作は彼女のこれまでのリリースと比べ、より活発さの目立つ作品です。かつてない重低音を纏ったグライムの荒っぽいブレイクビーツに、美しいシンセミュージックやドリルンベース、エレクトロニカのヴェールを被せながら、目まぐるしく、万華鏡のように変化していきます。#1. Glitch Bitchや#4. Hand Dropsのような楽曲はメランコリックなメロディーと柔らかなキックで酩酊感を演出し、#3. So Scaredや、#10. Vowel // Consonantではラフなインダストリアルパーカッションのシェイクで心地良い目まいを誘います。サウスロンドンのMC、Le3 bLACKのラップをフィーチャーした#2. London Ting // Dark As Fuck及び#7. My Futureは怒りや無常感が漂う歌もので、他の楽曲よりもタイトさが目立ちます。Theoのエンジェリックボイスをフィーチャーした#5. Sensualや、ポップでハイトーンなシンセの断片が散りばめられたタイトルトラック#6. For You And Iのような楽曲は本作をカラフルに彩る役割を担い、ハードコアでありつつもキャッチーな作風に貢献します。私の様なエレクトロニック・ミュージックに詳しくないリスナーでも、壁を感じる事無く楽しめる内容となっていました。

アルバムアートワークは2006年に撮られたもので、北ロンドンで自ら生まれ育った場所を示しています。カラフルな縞模様が特徴的なアルマ・ロード・エステートと呼ばれる建物で、メタルからカリプソ音楽まで幅広く好んだという母親の影響を受けながら、自らはジャズ、エレクトロニカ、グライム、UKドリルに傾倒していったとの事。そんな青春時代のルーツが凝縮された本作には、彼女の自然体な親しみやすさが音となって溢れています。